働く女子の味方!レディース作業服を選ぶコツ

2018-09-09
作業服1

女性の社会進出や国の方針などの社会環境の変化もあり、建設現場での作業やトラックドライバーなど、今までは男性の職場と言われていた分野で働く女性が増えてきています。女性が現場や工場作業に従事する時に、気になるのもののひとつが作業服ではないでしょうか?男性仕様のものが多い作業服ですが、最近ではおしゃれなレディースの作業服も開発されてきています。

そこで、レディースの作業服の選び方のコツを紹介します。

基本的な作業服の選び方

作業をしやすい工夫がされているのが作業服。作業服を選ぶ基本は機能性を重視することがポイントです。職場の環境や作業に合った機能が備わった作業服は、効率よく仕事をするためには大事です。チリやホコリを嫌う精密機器などを扱う工場では、静電気を発生しにくくする帯電防止加工の機能が高い物が適しています。

食品工場などで着用する作業服であれば、菌の繁殖を防ぐ効果の高い制菌加工が施されている作業服を選ぶ必要があります。また、屋外作業や室内であっても濡れる作業がある場合は撥水・防水加工がある作業服が向いています。

夜間や暗い現場での作業は、反射テープや反射材が付いている視認性の高い作業服が必須です。関連>ユニフォームタウン|作業服 かっこいい

その他にも、ポケットの有無や、防寒、防暑対策がされているなど働く環境や職種に合わせた作業服を選びましょう。

作業服選びは素材も大事

作業内容は働く環境、業種によって違ってきます。作業服の素材は、綿やポリエステルが主な素材です。綿は熱に強く肌触りが良いという特徴がありますが、縮みやすくシワになりやすいというデメリットがあります。ポリエステルはシワになりにくく耐久性が高い反面、静電気が発生しやすい素材です。

そのため、溶接工場などの作業には綿素材、トラックドライバーなどはポリエステル素材が向いているといえます。しかし、最近では素材の欠点をカバーするような繊維も開発されてきています。

職種や環境、作業内容に適した素材の作業服を選ぶことは、作業の安全を保つためにも大事なことです。

女性が現場で働くうえで困っていること

男性が多い建設現場などの業種では、どうしても男性仕様の作業服や安全靴が多いです。現場で働く女性の困っていることに、女性用の種類や数が少ないことがあげられます。

会社からユニフォームとして支給されることもありますが、男性用の小さいサイズを選んだり、男性用のものを自分で改良して着用している方も少なくありません。また、一般的な作業服は色やデザインが男性向けのものが多く、おしゃれに着こなすのが難しいのも、作業服に関わる女性の悩みのひとつになっています。

作業服にもデザイン性が求められている!

作業服を着る女性が増えてきたこともあって、作業服であってもデザイン性が求められる時代になってきました。以前は工場内での軽作業といえば、女性が着る作業服はスモックタイプのものが主流でした。しかし、最近では男性と同じ作業服を会社内のユニフォームとする事業所も増えてきています。

男性と女性では寸法や体型が違うため、作業服のパターンも異なります。男性用の小さいサイズでも、女性のボディーラインには合わないのはそのためです。女性には女性用の作業服を作ることが必要です。工場内で働く人たちが同じユニフォームで作業ができると、チームワークも高まり、職場内の雰囲気を良くすることにも繋がりますね。

レディースのアイテムが増加中!

女性が作業着を選ぶ際には、ブルゾンやシャツなどの上着は男女兼用の作業服、作業用のパンツは女性用という選択肢もあります。でも、女性用のパターンで作られているものなら、上着もレディースで揃えるとシルエットが綺麗に見えます。

作業服のメーカーでも女性の要望に沿うような作業服を開発しています。メーカーによっては、女性専用のアイテムを揃えているところもあるので、ホームページやカタログなどでチェックしてみましょう。

作業服をおしゃれに着こなすコツ

作業服をおしゃれに着こなすためには、まず自分のサイズを把握しておくことが大切です。サイズが合っていないと印象が悪いだけでなく、大きすぎるとだらしなく見えてしまうことあります。そのうえ、作業効率にも影響を及ぼす可能性もあります。

自分に合ったサイズの作業服を選ぶことが、おしゃれに着こなすコツになります。ただし、サイズが合っていても不必要に着崩すと作業服としての機能が生かせなくなることもあります。作業に影響を与えないように着用することが必須です。

また、作業服を選ぶ時のサイズで注意する点は、季節による変動です。空調管理によって室内の温度や湿度が保たれている場合には、服のサイズが変動することは少ないものです。

しかし、屋外や空調管理がない場合には、季節によって作業服の中のインナーを着込む枚数が違ってくる方が多いのではないでしょうか?薄手のインナーになる夏場と厚手のインナーや重ね着をする冬場では、上着のサイズも変わってくる可能性もあります。

スタイリッシュに着こなしたい時は、保温効果や吸汗効果のあるものなど季節によって機能性の高いインナーをチョイスするのもおすすめです。

銀座で作業服を探すならどこに行く?

オリジナリティを出したい時は?

自分で作業服の色を選べるのなら、自分が好きな色で作業服にオリジナリティを出しましょう。最近では作業服もカラーバリエーションが豊富になってきています。今までにはなかったシックな印象のレディースの作業服やヴィヴィッドな色合いの作業服もあります。

作業服のデザインが同じでも、定番ではない色を選ぶことで自分らしさを演出できます。ベルトなどのアイテムや、インナーなどと色を組み合わせてもおしゃれですね。

機能性とデザイン性を兼ね備えた作業服で「ご安全に!」

作業服は仕事の質を高める重要なアイテムです。

レディースの作業服は、女性らしいシルエットで着用した時に違和感が少なく、動きに制限がでないようにデザインされているものが多いです。

素材も、男性の作業服と同様に季節に応じて、通気性の高いものや防寒対策に優れたものなどが販売されています。作業服は、おしゃれな見た目だけでなく、作業内容に合わせたポケットの位置や、生地の耐久性など効率よく働くための機能があるかどうかを確認して選んでくださいね。

作業服をおしゃれに着こなして、安全に効率よく仕事をこなしましょう。レディースの作業服は、作業服を取り扱う店舗やホームセンターなどでも販売されています。ただし、レディースの作業服は品数が少ない可能性もあります。

そのような時は、インターネットで取り寄せることが出来るので利用しても良いですね。